• HOME
  • 目に優しいアントシアニン

目に優しいアントシアニン

視機能への効果

日常生活を送る上で眼鏡を必要とする割合が、諸外国に比べて日本は高い、というデータがあります。この要因としては、古くから日本人のお家芸ともいえる緻密な作業によって酷使されてきたため、というものや、私たちが使用している言語である日本語の複雑さ(平仮名、片仮名、漢字)などが挙げられます。そして、これらを踏まえてひとつだけいえるたしかなことは、私たち日本人はそもそも視機能を疲労しやすい環境で過ごしている、ということです。このような歴史もあり、必然的に「目の健康」に対する話題は、つねに私たちの身近に存在してきました。
みなさんも、たとえば、「ブルーベリー=目に良い」ということを、いつの間にか知識として得ているのではないでしょうか。現在ではすでに、ブルーベリーと視機能の関連性は科学的に実証されています。そして、それら一連の研究で判明した最も重要な点は、ブルーベリーに含まれるアントシアニンこそが、私たちの視機能に対して優れた影響を与える、ということなのです。

アントシアニンで、ロドプシンを再合成させる

では、簡単にアントシアニンが目に与える良い影響のメカニズムを簡単に説明しましょう。目を長時間酷使していると、ロドプシンという色素体の再合成が分解に追いつかなくなります。このロドプシンの量を維持できなくなってしまうと、さらに眼精疲労が進む、というわけです。またロドプシンは、加齢によっても減少します。アントシアニンはこのロドプシンの再合成を促進し、目の症状を改善するのです。